転職についての考えを変えよう

昔は石の上にも三年という言葉もあり一つの会社に長くいれば生活が出来たかもしれません。しかし現在は必ずしも当てはまるとは言えません。

会社にいてもリストラ、ボーナスカット、減給といったふうにサラリーマンの環境は年々厳しくなっていると思います。

最近では社員を使いつぶすブラック企業が蔓延しているといわれています。サービス残業、休日出勤やパワハラなどで制疾患にかかる人も増えています。この場合これだけ働いているからさぞ給料うは良いのかと思いますが恐ろしく安い賃金で雇用されていると言います。

こういったことからも若いうちであれば全く畑違いの業種に転職することもできます。30,40代になってからは無理です。この年齢に求められるのは即戦力であり、それまでの経験を活かしてもらいたいというような転職先しかありません。

なので若いうちであればおかしなブラック企業にしがみつくよりも資格などを取って安定した業界や待遇の良い会社に転職してしまったほうが良いといえます。

団塊の世代の人は仕事を変えるという意見に否定的です。わからなくもありませんがその方たちのような終身雇用で給料が上がっていった時代とは違います。

現在はまだ企業の上層部はこの様な人たちが多くいますが数年たてば団塊の世代は定年退職しますのでこの様な考え方は採用する企業側も変わってくるのではないかと思います。

これからに時代は自分の強みを活かしてより高い賃金を支払ってくれる企業に転職するという考えに変わっていくのではないかと思います。