前向きに転職する

私は何度も転職をしています。自分では、あまり転職をせずに一つのところで、 じっくりと働きたいと願ってもいるのですが、いろんな状況が重なって、 結局、転職を繰り返しています。でも、転職のたびに、自分の経験が増えて いく感覚があるから、有意義なことと、前向きにとらえています。

だから、決して、後ろ向きな発想は持ちません。そう心掛けています。 そうじゃないと、転職のたびに、働く意欲というか、モチベーションの 維持が大変になります。気持ちのうえで、積極性がないと、新しい環境で やっていくのは、難しいと考えています。

私の場合、電気関係の仕事を主にしています。電気主任の資格があるので、 どこでも働けるという自負があります。資格というのは、心強いものです。 そのほか、通称「ビル管」という資格を持っています。つまりビルの管理 全般に携わることができる資格です。これがあれば、ビル内の設備の仕事が できます。電気だけでなく、水道や防災も含めて、ビル全体を管理する 仕事はとてもやりがいがあります。

個々の仕事に関しては、専門的な知識もありますから、自信をもって 仕事しているつもりです。ただ、問題は、人間関係ですね。 仕事は自分一人でやれるものではありません。仲間がいます。その仲間と 気が合わなければ、うまくいきません。 転職する理由というのは、母体の会社の経営難の場合もありますが、 劣悪な人間関係の場合もあります。 でも、心機一転、転職したら、常に前向きに仕事したいと願っています。