転職面接で即採用は是か非か

転職を経験すると、当然のことながら面接というものがあります。


私も何度か、面接→採用となって、雇用されたことがあるわけですが、その場で即採用、というのを2回程経験したことがあります。


当然、時間が経ってあとから思ったことですが、即採用に、すぐ乗っかってはいけないのかもしれない(笑)、ということです。

学生のときのアルバイトなどとは違って、大人の転職です。

初めてその場で、即採用というのを経験したときは正直びっくりしました。

面接後、選考があって、数日から1週間後くらいに連絡をもらう、という経験しかなかったからです。

初めての即採用のときは、他社の面接も同時に受けたりしていたので、そのことを正直に伝え、しばらく返事を待っていただくことにしました。

が、後日また採用の返事を確認する電話連絡があり、担当者が入社を強く促すかんじで、やけに熱く語り始めました。

その語りぶりに、若干違和感はあったものの(苦笑)、これまで経験のない試してみたい業種だったので、思い切って入社を決めました。

が、入社後、、。様々なめまいのするような出来事が続きました。わかりやすく言うと、なかなかにブラックな企業だったわけです。。(泣)

多くの時間と労力を無駄にして、一年後くらいにようやく辞められましたが。

そんな経験をすっかり忘れた数年後。

二度目の即採用のときは、短期でちょっと副業的なかんじだったので、とりあえず雇用されてみましたが、一度目ほどのひどさはなかったものの、なかなか大変な職場でした。。

時間が経ってみて今、思うこと。

即採用というのは、企業側の焦りの表れだったんだなぁと。(いずれの職場も、人がどんどん辞めてゆくところでした。)

もちろん、たった2回の経験が全てではないし、即採用で働いても、人も環境もよい職場もたくさんあると思います。

もし誰かが、即採用を経験して迷っていたら、何があっても自分が納得がゆくまで吟味してから、返事をするように、と伝えたいです(笑)。